関西学院大学アイスホッケー部 部歌「春の霞」


1・春の霞に誘われて入ったところが関学のアイスホッケーだからそれだから、

     モテるのは当たり前、当たり前。
2・夕日が氷に映ゆるころ可愛いあの子を思い出す。合宿だからそれだから、

     つらいのは当たり前、当たり前。
3・思えば故郷を出るときに可愛いあの子が泣いていた。お願いだからそれだから、

     優勝してね、目に涙、目に涙。


関西学院大学アイスホッケー部 部歌「数え歌」
1・ひとつとせぇ、人に知られた関学のぉアイスホッケー部の棚卸し、

     そいつぁ豪気だね、そいつぁ豪気だね。
2・ふたつとせぇ、ふたりで敵を跳ね飛ばす、コンビの良いのは、ディフェンスさん、

     そいつぁ豪気だね、そいつぁ豪気だね。
3・みっつとせぇ、三人そろって敵陣に飛び込む味方のフォワードさ、

     そいつぁ豪気だね。そいつぁ豪気だね。
4・よっつとせぇ、よせくる敵もなんのその、ゴールを守るは名キーパー、

     そいつぁ豪気だね、そいつぁ豪気だね。
5・いつつとせぇ、五人で試合をさせたやつぅ、ペナルティーベンチのバカヤロゥ、

     そいつぁ豪気だね、そいつぁ豪気だね。
6・むっつとせぇ、無理やり部費を搾り取る情け知らずのマネージャー、

     そいつぁ豪気だね、そいつぁ豪気だね。
7・ななつとせぇ、泣き泣きリンクをすべぇってるぅ可哀想だね、一年生、

     そいつぁ豪気だね、そいつぁ豪気だね。
8・やっつとせぇ、やればできると無理をさす鬼よりこわいはコーチさん。

     そいつぁ豪気だね、そいつぁ豪気だね。
9・ここのつとせぇ、こんな試合と目を伏せてやきもきベンチの監督さん、

     そいつぁ豪気だね。そいつぁ豪気だね。
10・とぉっとせぇ、とうとう関西制覇したぁ、関学ホッケーの野郎ども、

       そいつぁ豪気だね、そいつぁ豪気だね。